北京観光名所

今の位置 >> ホーム >> 北京観光名所 >> 北京観光地 >> 北京天壇

北京天壇 2014-03-10 18:31:39

北京天壇世界文化遺産で、明代永楽皇帝時代(1420年)に建てられ、明代と清代の皇帝が天地の神を祭りる場所だった、 東西1700メートル、南北1600メートル、敷地面積273万平米、天地を祭る雄大な建築である。

天壇は『圜丘壇』と『祈年殿』2部分に分かれる、周囲は外塀と内塀の二重の塀に囲まれている。北側の塀は半円型をしており、南側の塀は直線と直角になっている、「南方北圓」という考えで建てている。祈年殿は一番中国古代建築風格を代表できる建物で、屋根の上に金の飾りあり、瑠璃瓦が敷かれる、下には漢白玉石の台座となっている。祈年殿は「祈谷殿」とも呼ばれる。1889年に雷で焼失されたが、数年後再建された。

三音石:皇穹宇殿の外におおきな長方形の石が敷かれた通路がある。三枚目の石板の上に立ち、門を開け、全ての宮殿の窓を固く閉じ、門から宮殿の中心の神龛まで如何なる障害物も無い状態で門に向って話すと、はっきりと三回、こだまが聞こえてくる。そのためこの名が付けられた。さらにそれだけでなく、宮殿のどの場所にいてもその声が聞こえてくる。

回音壁:皇穹宇を囲む円形の土塀で、高さが3.72メートル、厚さが0.9メートル、長さが193.2メートル、壁は磨いたレンガを積み上げて造られ、上は青い瑠璃瓦である、壁面は滑らかで規則的なアーチ形をしている。二人でそれぞれ東西の両端に立ち、耳を壁面に当てて声出せば、話音は200メートル先にちゃんと伝わる。

北京天壇北京天壇北京天壇北京天壇北京天壇北京天壇北京天壇北京天壇

名前: 名無しさん 日付: 2014-09-23 10:14:18
天を祭るところですね、今は大公園で、年寄りが多く集まって、いろいろ楽しんでいるようです。
ユーザー評価:
0
0
0

名前: Email:(省略可) 検証番号 验证码     

レストラン | 宿泊 | 観光案内手配 | 観光名所 | ショッピング | ビューティー | エンタメ

会社紹介 | サイト利用規約 | プライバシーポリシ| お問い合わせ

Copyright©2008 dlachikochi.com All Rights Reserved. Optimized for1024x768 to Firefox, MS-IE6 IE7.